シンク回りで起こる排水管の水漏れとは

排水管の水漏れの中でも特に影響が大きいのは、シンク回りのトラブルかもしれません。毎日の食事を作ったり、食器を洗ったりする大切な空間です。キッチンで水のトラブルが起こったら、すぐ修理する必要があります。自分で修理するにしろ、業者に依頼するにしろ、どこからトラブルが発生しているのか確認します。

■どこから水漏れが発生しているか

蛇口付近や、接続されているボルト付近から、ポタポタと水が漏れていることがあります。蛇口自体の老朽化や、ボルトなどのゆるみによって発生していることが多いです。ボルトのゆるみなら、ナットを使ったりドライバーなどの工具でしっかり締めなおして、様子を見ます。
老朽化や、ゆるみがしっかり締まらなくなってしまった場合、ドライバーなどで締めなおしても、トラブルが解決しないことがあります。しばらくは止まっていても、またポタポタと流れてくることがあるかもしれません。そうなったら、蛇口全体を交換した方が良いかもしれません。蛇口は使用頻度によって消耗していきますが、修理してもすぐ水漏れが起こるなら、経年劣化を疑いましょう。自分で水道 工事が必要かどうか分からない場合は、業者に確認してもらうと良いです。

■蛇口付近以外の場所のトラブルなら

蛇口付近ではなく、排水管の水漏れという場合もあります。シンク下の方に、水たまりができているという場合もあります。シンクより下の方で水漏れが起こっているなら、目視でどの部分が水漏れしているか確認します。
止水栓と呼ばれる、水を止める栓の付近でポタポタと水が漏れているようなら、蛇口のボルトと同様、部品のゆるみを疑いましょう。ナットでしっかりとしめて確認します。部品の老朽化が原因なら、止水栓を交換する必要があります。排水栓や蛇腹のホース部から水漏れが起こっていて、水の量が少量なら、応急処置としてテープでホースをぐるぐると巻いてみることもできます。

■まとめ
水道 工事を依頼する前に、正確な情報をつかむことが必要です。水漏れは突然に起こるため、あせりがちですが、落ち着いて状況を確認しましょう。
トラブルが起きている箇所を確認して、自分で直せる状態か、それとも修理依頼が必要かを見極めます。水が流れ落ちているならまずは元栓をしめるなどしてから原因を突き止めることもできます。蛇口付近が原因なら自分で修理が可能か確かめます。
排水管付近が原因なら、とりあえず応急処置をして、修理を依頼することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ