排水管の水漏れを根本から改善する施工とは

普段、トラブルさえなければ排水管の掃除や汚れをチェックすることは少ないかもしれません。排水管も経年劣化が生じ得るものです。つまり、水漏れなどを長い間放っておくと、知らないうちに、不具合の箇所が増えていき、大きなトラブルになる可能性があります。そうなると全体的な施工が必要になることでしょう。

■日ごろからできる排水管の手入れ

排水管には色々な形があります。例えば、U字型の排水トラップは洗面所やトイレなどに使われています。キッチンの下部などでは、蛇腹ホースなどが排水管に接続されているものもあります。ホームセンターなどで販売されている、排水パイプのつまり防止のための液体洗剤、パイプクリーナーを使って清掃できます。
トイレにはトイレットペーパー以外の水に溶けにくいものを流さないようにします。台所や洗面所などでは、直接大きなものを排水部に流さないよう注意します。石鹸や髪の毛、野菜くずや油といったものは流しやすいですが、長期的に排水管に流してしまう習慣ができてしまうと、つまりや水漏れの原因になります。

■排水管の施工

排水管の寿命は使い方にもよりますが、10年を超えてくるとメンテナンスが必要になる、と言われています。経常的に水漏れが起こったり、掃除してもつまりが取れにくくなったら、一度業者に相談してみると良いかもしれません。
施工となると大きな修理になるため、きちんと見積もりを取って検討します。できれば数社から見積もりをもらうと安心です。排水部などは素人が目視しても分かりにくいため、高額な修理費や施工費が発生する可能性があります。一括で見積もりが表示されると、一体何に費用がかかっているのか、わかりにくいということがあります。それで一つひとつの項目が何なのか、きちんと説明してくれる業者を選びます。また材料費、工賃、出張費などの項目が一括ではなく、分けて表示されている業者が安心です。どの項目にどれくらいの費用がかかったか、詳しくわかります。

■まとめ
経年劣化をなるべく抑えるため、大きなものを流さないように気を付けます。数か月に一回は、パイプクリーナーなどでしっかり清掃しましょう。
施工やトイレリフォームに関しては費用の比較が必要です。どの業者に依頼するにしても項目を見て、すべての費用が含まれているか確認しましょう。最初は安い、と思っていた業者もあとから費用がかさむ、という危険があります。アフターケアがしっかりしていて、施工後の問題にも対応してくれる業者を選びます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ