排水管の水漏れを素早く直そう!すぐにできるポイント

排水管の水漏れを素早く直そう!すぐにできるポイント 毎日使っている水回りは、トラブルさえ起らなければ、特に意識することもなく利用しています。しかし、水漏れなどのトラブルが起こったら、素早く修理する必要があります。気づくと、床が濡れていたり水道の蛇口から水がポタポタと落ちているということがあります。日中留守がちな家や、家族が多く色々な人が水回りを使う場合、発見が遅れることがあります。




■排水管の水漏れはここが怖い

排水管のつまりや汚れが原因で、水漏れが起こることがあります。まず家に引き込まれている管について知っておく必要があります。
大きく分けて排水管と給水管があります。排水管とは、使用した水が流れていく排水部の管です。汚れた水が流れていくため、除ききれなかった固形の大きなゴミや、髪の毛がもとで詰まることがあります。毎日使っている部分ではありますが、目に見えないため汚れていても気づかずに使い続けて、トラブルになることがあります。
給水管は蛇口に接続されている管で、水道管とも呼ばれています。流れている水はきれいな水ですが、こちらも様々な要因で詰まったり破裂したりする可能性があります。給水管が壊れると普通は接続されている蛇口にも影響が出るため、水道 修理も必要になります。

■家の中の水漏れを最小限に抑えるために
見えない部分だからこそ、ちょっとした心がけで、水漏れに至るトラブルを防ぐことができます。
家族が多い場合、排水管は一日中休むことなく汚水を流しているかもしれません。定期的に汚れを取り除くように掃除をすることができます。ホームセンターなどで販売されているパイプクリーナーで、目に見えないヌメリなどを除去する掃除を数か月に1度行っている人もいます。排水部のボルトをゆるめて分解できるなら、たまに分解して汚れを除去する人もいます。
清掃の時に排水管を、時々確認することも大切です。キッチンのシンク下部には蛇腹ホースなどとつながっている排水管があります。接続部のパッキンやホースが経年劣化で弱っていないか、チェックします。お風呂場のシャワー、洗面所の蛇口なども水が勢いよく出てくる場所なので、ホースに穴が開いていないか、傷などがたくさんついていないか、蛇口がしっかりしまるかといったこともチェックします。シャワーのホースもねじれたままにせず、使った後はきちんと伸ばしておきます。

■水道交換などを考えるなら

水道 修理を考えるなら、部品交換だけで解決するか、大規模なリフォームや蛇口交換が必要かどうか、検討します。蛇口は使用年度というより使用頻度がどれくらいか、によって変わってきます。大家族で暮らしている場合、蛇口の経年劣化は一人暮らしの家の蛇口より早いかもしれません。
蛇口本体はホームセンターなどにも多数展示されていますが、自宅にある蛇口のタイプを確認して購入する必要があります。リフォーム専門店や、メーカーの展示場でチェックすることもできます。
台所、洗面所などの蛇口を取り付けている天板をよく見ます。蛇口の根元に円柱の穴がありますが、これが1つの場合はワンホールタイプ、2つの場合はツーホールタイプです。最近の蛇口は本当に様々な種類があり、節水タイプのものもあります。こうした蛇口なら、水詰まりや水漏れを引き起こす原因を抑えてくれます。

■まとめ
排水管のつまりや汚れは目で分かりにくいため、定期的な清掃が必要です。清掃のついでに、パッキンやホースといった、各部品の消耗がどれくらいか見ておくことも大切です。
蛇口の使用頻度が高く、水漏れが頻繁に発生し出すなら、交換時期かもしれません。どういった蛇口が対応可能か、確認します。せっかく交換するなら節水タイプなど、水漏れが起こりにくい蛇口に交換することもできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース